身近な生き物語(いきものがたり)

野鳥と身近な自然。飼っているインコに関する日記です

カワセミの鳴き声【野鳥図鑑・鳴き声図鑑】Alcedo atthis Kingfisher

f:id:mochico25:20210427160620p:plain

カワセミ翡翠、翡翆、魚狗、川蟬、学名:Alcedo atthis)はブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に属する水辺に生息する小鳥。鮮やかな水色の体と長いくちばしが特徴。ヒスイ青い宝石、古くはソニドリ(翠鳥、鴗)と呼ばれることもある。

形態

全長は17 cmほどで (16-20cm) 、スズメよりも大きいが、長いくちばし(嘴峰長3.3-4.3 cm)のため体はスズメほどの大きさ日本のカワセミ科のなかでは最小種となる翼開長は約25 cm(24-25cm)。体重19-40g。くちばしが長くて、頭が大きく、頸、尾、足は短い。オスのくちばしは黒いが、メスは下のくちばしが赤いのでオスと区別できる。また、若干メスよりオスの方が色鮮やかである500系新幹線のノースデザインはカワセミのくちばしをモチーフとしている。頭、頬、背中は青く、頭はのような模様がある。喉と耳の辺りが白く、胸と腹と眼の前後は橙色。足は赤い。幼鳥は全体に黒っぽく、光沢が少ない

カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理。この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる。特に両翼の間からのぞく背中の水色は鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見える。漢字表記がヒスイと同じなのはこのためである。

 Wikipediaより引用

 

言わずと知れた川の宝石カワセミさん。

野鳥と思えないほど色鮮やかで、ものすごーく目を引きます。個人的には順光で緑っぽくみえてる色が好き。羽根の色だけでなく、長い嘴で魚などを捕まえる様子や潜水、ホバリングなどなど…とっても観察しがいのある鳥でもあります。

喧嘩の時に見れた「ぺたぺたペンギンの争い」(仮称)は必見です。

鳴き声は高く、綺麗に響きます。よく鳴きながら飛んでくるので、近づいてくるのがわかることも多くあります。求愛の際は餌を加えてながら鳴いてメスを呼びますよ。器用ですね☆

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

「ぺたぺたペンギンの争い」↓

youtu.be

 

 

【birdsongs】鳥の鳴き声図鑑

https://youtube.com/playlist?list=PLL7dTQKKqrPyAdjFnll7ngWJ-t-uwG2T1

★生き物チャンネル【身近な生き物語】チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCDhYUx3YruHeHmopMi3Sk1g